​会社からの損害賠償請求

場合によっては、会社側が報復的に急な退職によって損害を被ったと主張して損害賠償請求をしてくることが皆無ではありません。退職により会社に金銭的な損害が発生することはほとんどなく弁護士が代理人として対応することで適切な対応が可能となります。

01

損害賠償の根拠の確認

一般的には、従業員の退職によって会社に金銭的な損害が発生することは多くありません。弁護士が直接会社担当者に対し、いかなる法的根拠で損害賠償を求めているのか確認し、適切な対応をとることが可能となります。

02

抗弁の提示

​損害賠償の根拠を確認した上で、会社に対し、その主張が法的には根拠のないこと、従業員側には退職について正当な理由があることなどを説明し、会社側を説得することが可能となります。