​未払給与・残業代・退職金につきまして

​弁護士が代理人として適切に対応することで、未払賃金・残業代・退職金の請求をすることが可能となります。

01

未払給与について

​いきなり退職の意思表示をした場合には、最終の給与について支払わないなどといわれることがあります。しかし、労働に対する対価である給与債権については、いかなる理由があっても会社に支払義務があります。弁護士があなたの代理人として未払給与の請求を行うことで適切な権利保障が可能となります。

02

​未払残業代について

会社から長時間の残業を強いられたにも関わらず、サービス残業として残業代の請求ができない場合が多数あります。弁護士が代理人として残業代を請求することで未払残業代の請求が可能となります。

03

退職金について​

いきなり退職の意思表示をした場合、会社から退職金は支払えないなどの対応をされることがあります。しかし、就業規則などで退職金が規定されている場合は、会社に対し退職金請求権が発生します。弁護士が直接対応することで退職金について適切な権利保障を確保することが可能となります。